ギフト

思い出に残る誕生日プレゼントを贈る|素敵MEMORYアイテム

祝う事が多い

生まれた時から死ぬまである様々な行事

ギフト

人のお祝いは出産から始まり、七五三、学校への入学、成人式、結婚式、年を重ねれば長寿の祝い、またその合間合間に家を建てたりいろいろな災害にあったり、実にたくさんのことを経験します。その都度関係者からお祝いの金品を受ける機会も多くなってきます。その金品を受け取った後でお返しをしてお礼の意を表すことも大切なことです。 お返しをしたいと思ったとき、内祝いで記念品を贈ろうとするとその品物の選択に迷うこともしばしばあります。今では様々なギフト屋さんがあり、内祝いの商品を贈ろうと思った時に様々な商品の中から、相手にあった品物を選択できるようになっています。

内祝いが、要る行事と要らない行事

内祝いでお返しをするのは一般的に、子供が生まれた出産祝い、披露宴に招待しなかった人からの結婚祝い、病気見舞い、新築祝いなどです。収入のない子供へのお祝いや、長寿のお祝い、災害見舞、お中元お歳暮などは内祝いはあまり必要としません。七五三や長寿のお祝いへは、記念品でお礼の意を表することもあります。 それでは内祝いの金額はいくらぐらいがいいのでしょうか。一般的に金額の目安はいただいた金品の、三分の一から二分の一ぐらいが多いようです。また結婚記念日や七五三、長寿の祝いなどは本来内祝いは不要とされていますが、お返しをしたいのであれば、千円から三千円ぐらいを目安にそれに応じた品物を贈られる方が増えています。

Copyright©2015 思い出に残る誕生日プレゼントを贈る|素敵MEMORYアイテム All Rights Reserved.